DM印刷の製作者必見!もらって嬉しいDMとは?

商品の案内などの情報発信に使われるDM印刷ですが、使いようによっては厄介に思われることもあるようです。もし作るのなら、相手に快く受けとってもらえるように工夫をする必要があります。そこで今回は印象の良いDM印刷のポイントについて紹介します。

送付頻度が多くない

DMによっては頻繁に届くものもあります。しかし毎日のように送られてくると、メールボックスがDMでいっぱいになってうんざりする人もいるようです。セールやバーゲン、相手の誕生月だけにお買い得であることを知らせる案内をするなど、送る頻度を考慮したほうが良いでしょう。ショッピングではカスタマー登録などの際にDMの送付の可否を問うことも少なくありません。この際、たくさんDMが届くのは嫌だからと、なかなか登録してもらえない場合もあります。DM登録を促すのであれば、「DMの送付はセールとバーゲン、誕生月だけで、年に数回しか送りません」などと伝えてその通りにすれば、快くDMに登録してくれるかもしれません。

割引クーポンなど特典が付いている

ただ新作商品の案内が送られてくるだけでは物足りないという人もいます。もしくはメリットのないDM印刷はいらないという人も少なくありません。そこでおすすめなのはクーポンなどの送付です。商品が少しでも安く買えることを煩わしく思う人はいないでしょう。特典が付くのであればとDMを申し込んでくれるかもしれません。しかし、値下げ負荷の商品の扱いが多いなどクーポンで割引にするのが厳しいこともあります。その場合は商品お買い上げでノベルティと交換できるチケットを付けるなどの特典も考えられます。またスキンケア商品の場合、少量のサンプルを添付して発送することもできます。送付にあたっては、相手が何かしら得することを盛り込むのも一つの方法です。

おもしろい!実践したい!と思うような内容が盛り込まれている

DMの本文がおもしろくなければ配信を停止する人もいます。おすすめのメイク方法など相手が読んで「やってみよう!」と思えるような内容を心がけることも大切です。内容が毎回おもしろいと思われれば厄介に思われることもなくなるでしょう。冬の新作コスメの紹介をする場合、ただ商品を紹介するだけではなく、冬の冷えを改善するストレッチ、おすすめの食べ物などといった情報も添えてあげると良いです。美容に気を使っている人にとっては嬉しい情報と言えるでしょう。DMの印刷時には、どんな情報が相手のためになるか、よく調べて作成する必要があります。したがって作成に多少時間はかかりますが、相手が喜んでくれると思うとリサーチも頑張れるはずです。