宣伝広告のためにDM印刷を採用するメリット

企業が宣伝広告を行うための手段はいくつもありますが、DMを採用して行うメリットには何があるのでしょうか。新聞の折込チラシやポスティング、リスティング広告やメールマガジンなどの手段と比較してみましょう。

顧客にターゲットを絞れること

DMを利用して宣伝広告を行うメリットは顧客を絞り込んでターゲットにできることがまず筆頭に挙げられます。折込チラシやポスティングなどは不特定多数の人に対して宣伝広告を行える点で優れていますが、あまり興味を持っていない人に対しても広告を行うことになりやすく、購買にまで到達してくれる可能性は低いのが事実です。しかし、DM印刷の場合にはもともと何らかのつながりがあって住所がわかっている顧客に対して直接的に商品やサービスを売り込むことができます。関連する製品に興味を抱いていることが多いため、魅力的な宣伝広告を行うことができれば購買に繋がる可能性が高くなるでしょう。利益に直結しやすい宣伝広告を行える点で優れているのです。

顧客の満足度も高められること

DMは顧客にとっては特別な意味があります。リスティング広告を行えばターゲットをある程度は絞り込んで宣伝広告を行うことができますが、その場合とは顧客が受ける印象に大差が生じるでしょう。リスティング広告などのように自動的に行われる機械的な広告とは異なり、自分に向けて発信されているものであると考えてもらいやすいのがDMです。特に手書きのメッセージなどが含まれていれば顧客として大切にされているという印象を持ってもらえると期待できます。それが購買意欲を掻き立てるのにつながる可能性は十分にあるでしょう。昔一度だけ商品を購入したという関係なのに、今でも気にかけてもらえていると思ってもらえると満足度も高くなるはずです。

興味が低くても見てもらえるメリット

DMは個人の手元に必ず届けられるという点もメリットになります。個人に届くという点ではメールマガジンも同じですが、必ずしも内容にまで目が届くとは限りません。メールのフィルタリングを行われてしまうとタイトルや送信元すら見てもらえなくなってしまいます。しかし、DM印刷の場合には少なくとも差出人が誰かを確認して中身を読むかどうかまでは判断しなければなりません。たとえ興味が低くても表面に書いてあることだけは目にしてしまうことになり、企業名やロゴなどを覚えていてもらえる可能性が高くなります。はがきを使用すれば面積も狭いのでざっと目を通してくれることも多いでしょう。見てもらいやすさという点でDMはメリットが大きいのです。